リレー小説『なんでも屋 山崎猛太』第一話

第一話

『魅惑の大女優』

作 男スペシャル・溝杉陸



歌舞伎町の裏通りにある古びたビル。

この、老朽化が進み誰も使っていないビルの3階に、1つだけ明かりが点いている部屋がある。

部屋の扉には【何でも屋】と書かれた看板がかかり、中から2人の男の声が応酬していた。

「頼む!上司を殺してくれ!もう散々なんだ!」

そう叫びながら懇願する小太りのスーツ姿の男。

「ええけど、殺すって言っても色々あるやん。設定は?」

と、関西弁で返す痩せ気味の男。

「何でもいいから早くしてくれよ!」

「あんなぁ、ちゃんと考えんとアカンで!お前が1番良いと思うシチュエーションとかないん?」

そう痩せ男に言われ、戸惑いながらも小太りの男は返す。

「えっと、、山の中の旅館で、、爆弾を凶器に、、高い所から落とす、、」

「いやもう何がしたいかわからんわ!シンプルにコンビニでええやん!コンビニで買い物してる帰りに刺すとかでええやん!」

「あ、、、はい」

やや納得しきれないまま、勢いに負け返事をする小太りの男。

「じゃあ依頼料は明日までに2000万」

「は、半分ならある!1000万にしてもらえないか!?」

唾を撒き散らしながら値切る小太りの男。

「ちゃんとしよう!1人殺すのにノルマ2000万やから!金なかったら友達とかに借りたらええやん!」

「高すぎるだろ!ぼったくりかよ!」

小太りの男は苛立った様に言った。

「イブ!」

と、叫ぶ痩せ男。

「ワン!」

主人のそれに応えるように、小太りの男に噛みつき、部屋から追い出そうとするドーベルマン。

「痛たっ!ちくしょー!覚えてやがれ!」

そうありきたりな捨て台詞を吐きながら扉を出る小太りの男の背中に、ポツリと痩せ男は言う。

「金作ってまた来たらええやん」


彼は依頼があれば金額次第で何でもやる男。

山崎猛太(やまざき もうた)。

そして愛犬であるドーベルマンのイブ。

今まで暗殺、盗み、スパイ、どんな仕事も完璧にこなして来た。


そんな彼のもとへ、本日2人目の客が来る。

コンコン

扉をノックする音が聞こえ、

「次の依頼人やな」

表情を引き締める猛太。

「いらっしゃいませー!!」

挨拶は大事にしている様子。

「何でも屋って言うのはココかしら?」

扉を開き入って来たのは、とても綺麗でマダムと言うには少し若い30代後半の女性。

「え、ええそうです。で、ではこちらの席にお座りください」

たじろぐ猛太。

依頼人の美しさに圧倒されているのもあるが、明確な理由が1つある。

「お名前は?」

「海女美雪(あま みゆき)です」

依頼人はドラマ【女王のそろばん教室】でお馴染みの大女優だった。

「や、やはり海女さんでしたか!」

動揺する猛太。

「ふふ、美雪でいいわ」

微笑する美雪。

「では美雪さん。今日はどんな御用件で?」

数々の血生臭い依頼をこなして来た猛太は、大女優の依頼に興味を隠し慎重に尋ねる。

「私が木を登るところ見て欲しいの」

「、、、え?」

「そして良きところで、私にまつぼっくりを投げつけてちょうだい」

「あの、、、」

「何よその返事。できないっていうの?なに、アナタいんきんたむし?」


TV越しの彼女のイメージは、美しく上品で口数の少ない女性だったため、猛太はギャップに混乱してしまう。


「それとも、私とベッドの上でツイスターゲームをする依頼の方が良かったかしら?」

「やだな、、からかわないで下さいよ」

猛太は冷徹で淡白な男だが、その性格からか女性経験には乏しい。

そんな彼にとって美雪は扱いづらいタイプだ。

自然と標準語になってしまう。

「ふふ、ウブね。報酬は2000万払うわ」

「そ、そんな内容で2000万も!?」

依頼内容と釣り合わない金額に動揺する猛太。

「なによ、少なかったかしら?」

「い、いえ!請け負わせていただきます!」

「良い子ね」


そして、2人は最寄りの公園へ歩いて向かう。

道中、猛太は緊張と興奮で一言も発せず、もじもじとしていた。

「おぼこいのね」

美雪は声に出していなかったが、唇の動きは確かにそう言っていた。

そうして公園に着くと、2人は辺りを見渡した。


「あら、この木とっても太いじゃない。良いわ」

「そ、そうですね」 


大木をペチペチと叩いたりさすったりする美雪は艶かしく、生唾を飲む猛太。

「それじゃあココはひとつ登ってみようかしら」

「お願いします」

猛太はまつぼっくりを握る手に少し力が入る。

「それ!」

陽気な掛け声とともに美雪は慣れない手つきで、大木を登っていく。

「あっ、うぅ、、、んんっ!!」

美雪は苦しみながらもどんどん登っていく。

「ど、どうですか?」

猛太は顔を歪めている美雪に聞く。

「はぁはぁ。硬い。すっごく硬いわ。そしておっきい」

「み、美雪さぁん、、。美雪さぁああん!」

美雪の登る姿に猛太の鼓動も早くなる。

「ふふ、可愛いわね。焦っちゃダメ」

そう言って美雪は最初の枝に到着し、腰をかける。

「の、登るの上手ですね」猛太は褒める。

「なあに?豚もおだてりゃ木に登る。そう言いたいの?」

「い、いえ、、そんな、、」

「あんたこそ豚みたいにフガフガ言ってないで、もっと私を見なさいよ!」

そう言うと美雪はまた木を登り始めた。

「す、すいません」

猛太は木の頂上に近づく美雪を見つめる。

「そう、私を見るの。私の登った道筋を。なめくじのように這う姿を。そして投げつけなさい!なめくじに塩をかけるように、その手に握ったまつぼっくりを私に投げつけなさい!」

「は、はい!」

「今よ!おっきいおっきいまつぼっくりを早く私に!」

「え、えい!」

猛太は言われるがままに、美雪にまつぼっくりを投げつけた。

ペチン!

「ぁああっ!!」

まつぼっくりは、よじ登る美雪の右の尻に当たった。

「痛い!そして熱いわ!」

「す、すいません!」

怒られたと思い謝罪した猛太だったが、美雪の顔は爽やかだった。

「これで良いのよ。実は私、大女優と呼ばれてからプレッシャーでいつも気を抜けなくて、そんな時にあなたを見つけて、この人なら素の自分を出せるかもって思ったの」

「ぼ、僕は何も出来ていないですよ、、、」

「いえ、そんな事ないわ。あなたがまつぼっくりを投げてくれた痛みと熱さは、大女優と呼ばれて浮かれていた私へのお叱りとして受け入れる事にするわ。とってもナイスよ。ありがとう」


猛太の心に温かいものが広がった。

血生臭い仕事をしなくても感謝ってされるんやな。

こういうのでええやん。

「なにボーッとしてんのよ。どうせイヤらしい事でも考えてたんでしょ?この、おったちデクの棒!

早く木から降ろしなさいよ!」

「す、すいません、、」



こうして、美雪から報酬の2000万を受け取り、依頼は終わった。

そして拠点に戻った猛太は、留守番をしていたイブと戯れていた。


コンコン

ノックの後に扉が開いた。

「いらっしゃいませー!!」

大きい挨拶とともに、気を引き締める猛太。

「何でも屋っていうのは、ここ?」

次の依頼人が来たようだ。

モータースLIVE

200組以上がしのぎを削る若手お笑いライブです! 上からレフカダ→ドーン→ミネルヴァ(C,D)とランク分けしております。

0コメント

  • 1000 / 1000